皆様がご存知の都市伝説を是非教えてください!!

アラル海消滅の謎|一晩で消えたとされるその原因と噂される奇妙な都市伝説

FM都市伝説

アラル海はカザフスタンとウズベキスタンに跨る湖です。

そしてかつては世界第4位の面積を有している湖でした。

その大きさは何と68000平方キロメートル、北海道以上の面積を有していたのです。

アラル海は湖ですが、海同様に塩分も含んでおり、その近隣の住民たちに多くの恵みを与えていました。

当時はまだカザフスタンもウズベキスタンも、ソビエト連邦の一部でしかありませんでしたが、社会主義国のソビエト連邦においても、アラル海周辺の住民たちは漁業によって潤い、かなり豊かな生活を送ることが出来ていたそうです。

しかし、そんな豊かな生活は唐突に終わりを迎えることになってしまいました。

一晩で消えたとされるアラル海の謎

当時の証言によると、ある日突然目が覚めた時に、昨日まで目の前にあった湖が消えていたそうなのです。

残されたものはアラル海の海底だったはずの大地と、その上に無残にも打ち据えられた漁船だけでした。

実際のところ、アラル海は消えたのではなく大きく縮小してしまったのです。

それ故に、この現象は複数の町で発生しており、カザフスタンにもウズベキスタンにも、無数のゴーストタウンが存在しています。

アラル海からもたらされる恵みを失ったことによって、それらの町の住民たちは生活が成り立たなくなってしまったのです。

それ故に多くの人が町を離れて、無数のゴーストタウンが作られたのです。

また、ソビエト連邦はアラル海縮小の事実をひた隠しにしたそうです。

そのような不名誉な事実を知られることは、非常に都合が悪かったのでしょうね・・・・それ故に、アラル海の縮小を止めることはできませんでした。

問題はそれだけではありません。

当時のソビエト連邦における農業は、無数の農薬を活用する方法でそれらを環境などに一切配慮せずにアラル海へと流し込んでいたのです。

それ故に、かつてアラル海の海底だった大地には、無数の農薬がしみ込んだ被害と、干上がった水に含まれていた塩分による塩害が発生しています。

これらは人間の健康にも被害を発生させますので、カザフスタンとウズベキスタンは、北海道以上の面積の土地をむざむざと無駄にする結果になってしまったのです。

アラル海は現在でも縮小を続けており、近い将来完全に消滅してしまう可能性もあるそうです。

アラル海消滅に関係する一つの都市伝説

なんとも無残なアラル海ですが、このアラル海の消滅について、ある一つの都市伝説がまことしやかにささやかれています。

なんでも、アラル海縮小の原因はソビエト連邦が行った灌漑農業(かんがいのうぎょう)にあるというのです。

アラル海に注ぎ込む川の水を他に流すことで行う灌漑農業で、ソビエト連邦は大きな成果をあげていました。

しかし、それをやり過ぎた事によってアラル海へと入り込む水がなくなってしまい、大きく縮小してしまったというのです。

しかし、アラル海の縮小はソビエト連邦が崩壊して、30年近く経った今でも続いています。

ともすれば近い将来アラル海という湖の存在そのものが消えてしまうかもしれません。

もしもこの話が本当だとするならば、ソビエト連邦は21世紀にまでも多くの爪痕を残しっていったことになりますね・・・・・

FM都市伝説 待望の電子書籍化!

Amazon kindleにて好評発売中!
(Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です