皆様がご存知の都市伝説を教えてください!

ビル・ゲイツの陰謀|新型コロナを予言した意味、そして人類削減計画関与の真相に迫る

ビル・ゲイツ氏

今回は、新型コロナはビル・ゲイツ氏の陰謀であるという都市伝説に関するお話です。

「そんなバカな」とは思いますが、いろいろ調べてみると「ひょっとして…」とも思えてしまう内容です。

でもあくまで、今の段階では「陰謀好き、都市伝説マニアの想像」です。

【陰謀論】ビルゲイツによる「新型コロナ予言説」とは

新型コロナが問題となったあと、ビル・ゲイツ氏のとある発言が注目されます。

ビルゲイツ氏は2015年に行われたTEDでの講演で

「もし1千万人以上の人々が次の数十年で亡くなるような災害があるとすれば、それは戦争というよりはむしろ感染性の高いウイルスが原因の可能性が大いにあります」

と主張したのです。

TEDとは?

TEDは、アメリカ合衆国のニューヨーク市に本部があるLLC。カナダのバンクーバーで、毎年大規模な世界的講演会「TED Conference」(テド・カンファレンス)を開催(主催)している非営利団体である。

wikipediaより引用

これだけ見ると「さすがビル・ゲイツ、先見の明があるな」で終わるかも知れません。

しかし彼の「予言」めいた言動はこれだけではありません。

TEDでの講演よりあとですが、2019年には「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の後援で、コロナウイルスによるパンデミックのシミュレーションを行う「イベント201」が開催されています。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団とは?

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、マイクロソフト元会長のビル・ゲイツと妻メリンダによって2000年創設された世界最大の慈善基金団体である。

wikipediaより引用

すなわち、今回の新型コロナウィルスによるパンデミック(2020年)が起きる半年前に、

ほぼ同じ状況のシミュレーションを公式に行っていた(しかも想定したウィルスがコロナウィルス)

ということです。

これを聞くと、「シミュレーションでコロナウイルスまでピッタリ予言してるなんて、ちょっと当たり過ぎじゃない?」と疑念を持つ人が出てしまうのも無理はありません。

イベント201について

イベント201とは、2019年10月に開催されたもので、コロナウイルスのパンデミックをシミュレーションし、どのように感染が広がり、どれくらいの被害が出るかを予測したものです。

「対策を今から準備しておこう」というものですね。

シミュレーションではコロナウイルスの発祥地点はブラジルの養豚となっています。その後18ヶ月で6500万人の死者を出したところで、シミュレーションは終了しています。

【陰謀論】ビル・ゲイツはワクチンの利権を欲している

さらに、ビル・ゲイツ氏はワクチンの普及に熱心であることが疑念に拍車をかけます。

ワクチン開発やワクチン関連事業に莫大な資金を提供しているのです。

またWHOや大手製薬会社とのつながりも指摘されます。

となるとこう考える人がいてもおかしくありません。

「新型コロナウイルスとそれに対するワクチンが同時に『開発』されていたとしたら莫大な利益を得ることができる」

もちろんこれは、陰謀論好きの妄想に過ぎません。

だってお金ならもう、ビル・ゲイツ氏は捨てるほど持っているでしょう。

ただ、ビル・ゲイツ氏には「お金」以外の噂もありますので問題が複雑なんです。

【陰謀論】ビル・ゲイツがワクチン普及に執着する理由

「ビル・ゲイツ氏はワクチンの普及に熱心」なのは彼の言動から間違いありませんが、これが実に「度を超えて熱心」なんです。

その点をロバート・F・ケネディJr.という弁護士が指摘しています。

ロバート・F・ケネディJr.wikipediaより引用)

この人、あのジョン・F・ケネディの甥ということでアメリカでは有名人です。

ロバート・F・ケネディJr.

ロバート・フランシス・ケネディ・ジュニアは、アメリカの環境弁護士、作家、予防接種反対派。ロバート・F・ケネディの息子であり、ジョン・F・ケネディ元大統領の甥でもある。1999年に設立に協力した非営利環境保護団体「ウォーターキーパー・アライアンス」の理事長を務めている。

wikipediaより

ロバート・F・ケネディJr.氏によると、ビル・ゲイツ氏のワクチン普及活動によって、多くの人が傷ついたというのです。

それには以下のような事例があります。

被害の一例
  • ゲイツ氏指導のもと、インドでポリオワクチンを幼児に投与させた結果、49万人の幼児が非ポリオ急性弛緩性麻痺を起こし、2017年にはインド政府から撤退を依頼された。その後、非ポリオ急性弛緩性麻痺は激減した。
  • 2002年の「MenAfriVacキャンペーン」でアフリカの500人の子供にワクチンを投与し、50人に麻痺が起きた。
  • ネルソン・マンデラの元上級エコノミストであるパトリック・ボンド教授に「冷酷で人道に外れた行為」と批判された。
  • 2010年に臨床試験中のマラリアワクチンに資金を提供したが、そのワクチンを投与されたアフリカの幼児151人が死亡、1000人余りに重篤な副作用が出た。
  • 2014年にゲイツ財団が出資した製薬会社が、インドの若い女性に実験段階のワクチンを投与した結果、23000人中1200人に深刻な副作用が出た。そのうち7人が死亡した。これに関わった研究者は起訴された。

ロバート・F・ケネディJr.氏によると、これら以外にも、ビル・ゲイツ氏が大きな影響力を持つと言われるWHOが行ったワクチン投与で、多くの被害が出ているとのこと。

もし、この話が真実なら、ほとんど「人体実験」とも思えるようなことになってしまいます。

そうなると、なぜそんな強引なことまでしてビル・ゲイツ氏はワクチン開発に熱心なのかという疑問がわきます。

これに対して、ロバート・F・ケネディJr.氏は「世界の医療政策への独裁権力を得るため」と説明します。

【陰謀論】ビル・ゲイツは世界人口を減らしたい

でも、ビル・ゲイツ氏は医療政策への独裁権力を得て何をしたいのでしょう?

「お金ならもう、100回生まれ変わっても使い切れないほど持ってるでしょ。やっぱり利益のためでなく、純粋に、病気をなくそうと思ってるんじゃないの?」

というのが、妥当な解釈ではないでしょうか。

しかし、それに対してはこんな話が持ち出されます。

またしてもビル・ゲイツ氏のTEDでの講演。今度は2010年ですが、そこで彼はこんなことを言っています。

「現在世界の人口は68億人です。90億人程度まで増加します。しかし新ワクチンや保健医療、生殖関連で十分な成果を収めればおそらく10%から15%抑えることができるかもしれません」

この発言によると、ビル・ゲイツ氏が世界の人口を減らしたがっているように思えます。

しかも「新ワクチン」によって。

ビル・ゲイツはワクチンの危険性を知っていた?

上記ロバート・F・ケネディJr.氏によると、WHOが行った「破傷風ワクチンキャンペーン」で「ケニヤの女性が不妊処理された」と2014年にケニヤのカトリック教医師会が糾弾しています。

また、上項でお伝えした以下の件ですが

  • 2014年にゲイツ財団が出資した製薬会社が、インドの若い女性に実験段階のワクチンを投与した結果、23000人中1200人に深刻な副作用が出た。そのうち7人が死亡した。これに関わった研究者は起訴された。

この事件では副作用として「受胎障害」に苦しめられる女性が多数出ています。

これはまさに、人口削減につながる「副作用」です。

その一方で、1990年代にシアトルでビル・ゲイツのプライベートドクターを務めた医師が

「ビル・ゲイツ氏は、自分の子供に一切のワクチンを投与することを拒否した」

と語ったと言われています。

これが真実なら、彼はワクチンを危険だとみなしているということです。

ビル・ゲイツの陰謀とは一体何なのか。すべては人類削減計画の名のもとに

では、ビル・ゲイツ氏の陰謀とは一体何なのでしょうか。

以下は一つの仮説です。

ビル・ゲイツ氏の陰謀に対する一つの仮説
  1. ビル・ゲイツは闇の支配者(世界を裏で牛耳っている組織のこと)の一員であるという噂は絶えません。
  2. 闇の支配者が今最も力を注いでいること、それは「人口削減計画」。
  3. ワクチンは人類削減計画の一手であるという可能性。

※闇の支配者、そして人類削減計画については次の記事も合わせてご覧頂きたい。

FM都市伝説

NWO(New World Order)とは?世界政府が目論む恐るべき陰謀の数々

決してお金のためではなく、それ(人類を削減すること)を使命として考えているならば、ビル・ゲイツ氏の行動も一定の理解はできます。

このような視点で見ていくと、ビル・ゲイツ氏が新型コロナのパンデミックを前もって知っていたとしてもそれは当然というわけです。

全部計画だった可能性もあるということです。

2020年現在、我々が最も欲しているのは「新型コロナウィルスに対するワクチン」であることは間違いありません。

おそらく、そのワクチンを開発した最初の企業・機関が、今後の世界の医療政策への独裁権力を握ることになります。

このワクチンを一番最初に成功させるのはどこの企業・機関なのか、我々は注視しながら見守る必要があります。

さいごに

今回お伝えした内容は、今の段階では一つの陰謀論に過ぎません。

たとえば予言ひとつにしても、「そもそも陰謀を企んでるのなら、目立つ予言なんかせずこっそり進めるはずでしょ」と言う見方もできますよね。

また、ビル・ゲイツ氏の言う「ワクチンによる人口抑制」についても、「ワクチンによって死亡率が下がれば、沢山子供を作る必要がなくなるから人口増加率も下がる」と解釈することもできます。

今の時点では、全てにおいてさまざまな解釈が可能であるということです。

真実は時とともに明らかになることでしょう。

FM都市伝説 電子書籍化第一弾!
『友達の友達から聞いた話編』

都市伝説、怖い話、陰謀論。
編集部が厳選した珠玉のエピソード集がAmazon kindleにて好評発売中!

1 個のコメント

  • サーズ、マーズ、コロナ、全て発生元が中東と中国っておかしいですよね。スペイン風邪も戦時中に発生したし…。例えば、自国でウイルス作り自国でばら蒔く人なんかいません、他国にばら蒔くのが妥当です、それも陸続きではない遠い国々が安全ですよね。東洋人や黒人は東洋人&黒人至上主義の人は居ませんが白人だけは至上主義を掲げる人は今でも沢山いて人種差別当たり前思想です。露人はいないと思います。ビルゲイツは計画した人間と何らかの付き合いがあり以前から計画を知ってたのではないか?と..思います。計画を尻これはいけないと預言者を装い世界中に発信したのではいか?なと思います。人口が減ればその分アマゾンの売り上げも激減します。またこのウイルスは白人に効果蟻アジア人には効果あまり無いようですしね、ウイルステストする検体が白人しかいなかったからでは?東洋人の検体でテストできなかったのでは?こう言うのを正に自業自得と言うんで生姜(笑)こんな地球を出て月か他の星に行って暮らしたいと思うのも同感ですよね、そんな金持ちじゃあないのでリーむうですけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です