皆様がご存知の都市伝説を教えてください!

陰謀論のおすすめ本『日航123便墜落の新事実』(青山透子・著)

おすすめ本紹介

先輩を失った元スチュワーデスが当時の警察・自衛隊・政府関係者、医師、遺族、目撃者らに取材を重ねた先に見えた新事実。墜落の真相解明に拘り続ける理由と事実を見つめる勇気を伝える。

日航機123便墜落事故原因に迫る新事実!
この事故は「事件」だったのか!?

1985年8月12日。日航ジャンボ機123便は、なぜ御巣鷹の尾根に墜落しなければならなかったのか──。

「この出来事を風化させてはならない。」三十三回忌を前に、その情熱が生んだ、真相究明に一石を投じる渾身のノンフィクション!

当時、生存者の一人である日航客室乗務員落合由美さんの同僚であった著者は、この「事故」に今なお疑問を抱き、数々の目撃者の証言をもとに真相に迫っていく。
前著からさらに探査の精度が深まり、頁をめくるごとに次々と新事実が明らかになっていく迫真の展開力で一気読み必至!

Amazon書籍ページより引用

この航空機事故としては、人類史上最悪級の日航ジャンボ機墜落が我が国で起き、そしてそれが本当に事故なのか事件なのか、未だに事故扱いになっていますが、不透明な墜落であることは間違いない事故に見せかけた事件です。

この事件が起きたのは、1985年、私はやっと高校受験が終わって、地元にある第一希望の進学校に合格したけど、その後、どうしたらよいのか、緊張感が切れて、気持ちが不安定な状態だった高校一年生の夏休みのお盆の時期でしたが、数人の女性や女の子だけが助かったこのジャンボ機の墜落をテレビのニュースで見ていて、今でも当時の動画や映像をハッキリ覚えています。

その映像があまりにも衝撃的過ぎて、本当に現実に起きたのか自覚できない程、ショッキングな日航ジャンボ機墜落でした。

でも、この墜落に関しては、あまりにも不可解なことが多過ぎる様です。そして、この書籍を読んでしまい、その後も関連文書を読み進めて行くうちに、マスコミも国も世の中の何もかもが真実は語らず、怖いものだと言う事を知らされました。

ジャンボ機の客員たちは助けられたのに、自衛隊のオレンジエア誤射を隠すためなのか不明ですが、助けられた命を自衛隊の人達が火炎放射器か薬か何かで殺していったと言う推測が本当だとしたら、もうこの国はまともな人間は居らず終わっていて、激しく呪われているのかもしれません。

でもこの国に住んでいる以上、この国を少しでも正常な国にしていくために、真実は知る必要があると思います。

この書籍は、この墜落で亡くなった方々のご冥福をお祈りせざる得ない真実解明告白本の第一弾です。 

本書そしてそれに続く第二弾やその他の関連文書を深掘りしていくと、もしも本当にこの日航ジャンボ機墜落事故の真実が、意図的な自衛隊による訓練事故隠蔽の被害航空機だったとしたら、一体、自衛隊とは何者なのでしょう。

国民の税金を使って、国民を守るのではなく、自分たちや権力者を守るためだけの組織で、そのためだったら、この事故で起こしてしまったのかは実際不明ですが、推測されているような自衛隊による事故の隠ぺい事件で、本来はもっと救えたはずの乗客やその隠蔽行為に従わなかった自衛隊員や現場で真実を見てしまった関係者を、本当に抹殺していたとしたら、、、。想像したくもありません。

当時、関係者の証言によれば、在日米軍も厚木基地へ誘導援助をしてくれていたし、事故を隠蔽せずに、正常な人間の判断で真っ当な対処をしていれば、明らかにあそこまで大きな事故になるはずはありませんでした。

しかし、当時の中曽根首相を始めとした日本政府は、この自衛隊のオレンジエア訓練事故による民間機への誤射を公表することを恐れたと言う推測が真実だとすれば、亡くなられた方々や殺されてしまった方々は、無念と言うか、あの世でも浮かばれません。

もしそうだとすれば、中曽根元首相は、きっとあの世でボッコボコにされているのかもしれませんね。

今後、同じようなことを繰り返してはいけない。そうは言っても、いまだに日本は変わっていませんが、やはり少しでも本来あるべき正しい日本を築いくためにも、この事故隠蔽と既得権益死守事件と被害を反面教師としていかなければならないでしょう。

そんなきっかけを作ってくれる書籍になります。

実際、権力者たちにとったら、自分たちの既得権益を守ることであれば、一民間人である貴方の命なんて、これっぽっちも惜しくなく、大切だとか守ろうなんて思っていない現実が、まさにこの事故の象徴なのです。それが今のニッポンです。日本を正常な国に変えましょう。

その足掛かりとして、先ずは本書籍を是非一度読んでみて下さい。貴方もきっと、色々考えさせられると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です