殿堂入り都市伝説はこちら!

【怖い話】病院のエレベーター

FM都市伝説

【投稿者:峠の体験者さん】

今回は、前回のお話でも出ました病院での、別の『恐怖体験』をさせて頂きたく思います。

前回でお話させて頂きましたが、再度、病院の構造をお話させて頂きたいと思います。

病院の規模は、おそらく職員が100人以上いる中規模的な、かなり古い病院になります。

病院内は独特の薬品の匂いが漂うような、いわゆるお化け屋敷の病院バージョンみたいな病院でして、所々リノベーションされており、病院中央部にエレベーターがありました。

建物は5階建てで、一階が外来と地域包括支援センター、2階~4階までが入院病棟、5階が定例会などをする大ホールになっております。

各階の片方の突き当りに、『夜間帯は入ったらいけないと言われる、非常階段』があり、様々ないわくのある病院で、定期的に(これは冗談ではなく本当の話なのですが)お祓いの方がお見えになっておりました。

それでは早速・・・

その日は、当直の日でして、メンバーは看護師のAさん、Bさん、そして私です。

その日はなぜか患者様がナースコールが連発する日で、深夜1時くらいまでコール対応で3人ともバタバタしておりました。

ようやくコールも落ち着き、ナースステーションで待機しつつ記録物を記入しておりました。

ちなみに、ナースステーションはエレベーターの真正面にあり、誰かがエレベーターを利用するとナースステーションにいる看護師たちは否が応でも気づく事になります。

ナースステーションは2階にあり、3人の看護師で待機するのが通例でして、エレベーター通常は2階に止まるように設定されております。

話は戻ります・・・

丁度落ち着いた、深夜1時すぎ・・・Aさんが『あっ!』と・・・・声を出します。

自分もその後すぐに『え?』と聞き返そうとしたまさにその時、『ガタン』と言う音と共にエレベーターが動き始めました。

3人とも『?????』『・・・・・・』数秒・・・・沈黙・・・。

Bさん『動いたよね?動いたよね?』

Aさん『動いた!気持ち悪いんだけど・・・・』

私『動きましたね・・・』

エレベーターは皆さんもご存じのように、”今動いているのかどうか”、”どの階に止まっているのか”、がパネルの明かりで分かるシステムです。

明らかに動いておりました・・・。院内には確実に3人しかいませんし、夜9時にはすべて院内を施錠する決まりになっておりました。

結局5階ホールでパネルが点灯し、エレベーターが止まりました・・。

もしかしたら、『外部からの侵入者?』という可能性もある為、巡視に行かざる負えません。

ここで付け加えておきますが、患者様は老人病院の為、自分で移動できる方はおりませんでした。

寝たきりの方か、介助が必須の車いすの方のみの院内です。

話は戻ります・・・。

ここで、誰が巡視にいくのか・・・・。話し合う事もなく、一番新人の私です・・・。

正直『勘弁してよ・・。なんで私なの?』と、思いながらも、懐中電灯を持ち、しぶしぶ5階に止まったエレベーターを2階まで呼び戻します。

そして到着したエレベーターに乗り込み5階のパネルを押し、5階に着きました。

降り立った5階はもちろん、非常灯が薄暗く光るだけのうす暗いホールで、そういう時って、今考えれば電気を付ければ良かったのでしょうが、その際はそれよりも恐怖で心の余裕が無く、ホールの電気をつけるという考えさえ頭にはありませんでした・・。

懐中電灯の薄暗い明かりをホールに照らしながら『誰かいますか?』・・・・もちろん、返答なし。

ここで、5階ホールの大まかな、構造をお話させてください。

5階は、定例会議で使う大きなホールですが、患者様のイベント行事にも使うため、緊急用で4個ほどベッドがあり、仕切りにカーテンが御座います。

話は戻ります。

「やっぱエレベーターの故障かな」と、私の中で必死に思い込み2階のステーションに戻るときでした。

振り返りざまに、懐中電灯が例の仕切りカーテンを照らしました・・。

『え?』『動いてる?』

どうも、カーテンが揺れているというかもこもこ動いている・・・そんな感じでした。

よく言われますが、こういう時って声が出せないものなんですよね・・。

まさか、『外部からの侵入者?』『それとも・・・・また・・』

さすがに、一人ではその仕切りカーテンに近づく事すらできず、急いで先輩2人を呼びに戻り、半ば無理やり3人で5階へ・・・。

ただ、3人で5階に降り立った際はカーテンは動いておらず、Bさんが電気を付け、5階すべてをくまなく調べましたが結局誰もおりませんでした。

するとAさんが、『もしかしたら、非常階段から移動した?』とか、嫌な事を言い出しました。

さすがに暗黙の了解で、『夜間は非常階段は使用禁止』でしたので巡視は控えることに。もちろん不安でしたが非常階段の巡視はせずその日は仮眠もせず、定期巡視を多めに行い、無事朝を迎えました。

師長には、前回同様エレベーターの故障の、申し送りをAさんがして下さり、その日は帰宅しました。

後日談ですが、エレベーターに故障はなく、また、古いエレベーターでしたので『パネルを押さない限り、動く事はありえない』と業者の方がおっしゃっていたそうです。

あのカーテンのもこもこした揺れはなんだったのか・・・・。

あのエレベーターが動いたのは何だったのか・・・・。

今現在でも、分かりませんが、非常に恐ろしい体験でした。

最後まで、ご拝読頂きまして、誠に有難うございました。

FM都市伝説 待望の電子書籍化!

Amazon kindleにて好評発売中!
(Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます)