皆様がご存知の都市伝説を是非教えてください!!

【奇妙な話】あの子誰?女子会に紛れ込んでいた招かれざるメンバー

FM都市伝説

【投稿者:M.Kさん】

社会人になっても、かつての同級生と会っては、時々皆で集まって女子会を開いています。

その日は、久しぶりということもあり、ちょっと豪華にしようということになり、イタリアンの店を予約しました。

幹事を務めてくれたのは、クラスの委員長もしていた相良さん。しっかりものの美人で、学生時代にはファンクラブまであった人でした。

今回参加できたメンバーは全部で6人。ですが、実際には7人が参加していました。

その中で私は一人の女性のことが気になっていました。

緩やかなウェーブの髪型に、ナチュラルメイク。とても存在感のある人でした。

(誰だっけ?名前、出てこないな)

見覚えのないその女性は、皆の輪の中に自然に溶け込み、和気あいあいと話しています。

きっと度忘れしたのだろうと思い、私は女性のことはあまり気にしなかったのです。と、ふと女性がこちらを見て視線が合ってしまいました。

「久しぶり」

笑顔で言われて戸惑いましたが、名前を聞くのはなんだかとても失礼な気がしたので、そのまま会話をしていました。

なぜか、彼女は私の事情にやたらと詳しいのです。

その頃、私は仕事を転職したばかりで、生活がバタバタしていました。

「新しい仕事には慣れた?大変でしょ」

と、気遣ってもくれて。なんだか彼女の名前を思い出せないのは申し訳ない気がしました。

話題は、学生時代のことにも及び、お世話になった先生の名前や、記憶に残った出来事。どれも合っています。

誰だっけ、誰だっけ。と、考えてやっぱり名前がわからないのは申し訳ないと思って、さりげなく隣に座る林さんに聞いてみました。

「彼女、誰だっけ?」

と、言うと林さんも「私も気になっていたの」と言うのです。

彼女も、心当たりがないらしいのですが、やたらと内情に詳しいので、きっと同級生だろうと。

その後も、他の人にさりげなく聞いてみても、知らないの連続でした。

私は、幹事の相良さんに彼女のことを聞きました。ですが、相良さんでさえ知らなかったのです。

「私も知らないのよ。でも、あったときにあだ名で呼ばれたから、きっと同級生だろうと思って」

相良さんは、学生時代は『相良っち』と呼ばれていて、彼女はそれを知っていたと言うのです。

「そういえば、昔もあったわよね。ほら、高三のときの文化祭」

言われて思い出しました。名前がわからないクラスメート。31人しかいないのに、32個置かれていた紙コップ。

「あのとき、しばらく噂になってたよね。もう一人いるって」

「やめてよ、相良さん」

当時、正体不明のクラスメートのことはかなり話題になっていたのです。噂が噂を呼んで、内容がかなりホラー的なものになっていたのです。

なんでも、その昔。学校の裏に野生の薔薇が咲いていて、その薔薇を取ろうとした女子高生が崖から落ちたそうなのです。

「ほら。文化祭の最後に、その子がいた場所には薔薇の蕾が落ちていて、きっと崖から落ちた女子高生が来てたんだって」

「もう、やめてよ。本当に怖かったんだから」

それが本当かどうかはわかりませんが、確かにそんな噂が流れていました。青春を謳歌できなかった女子高生が、文化祭に参加していたという噂がしばらく流れて、怖がりの私は学校に行く度にビクビクしていました。

「それにしても誰かしら?6人でって予約したのに、来たら7人でしょ?困っちゃった」

でも、と相良さんが続けます。

「不思議なのが、うちの夫婦仲まで知っているの。昨日、ケンカしたとか、旦那の浮気が発覚したとか」

「え?旦那さん、浮気したの?」

「そうなのよ。とりあえず、お小遣いなしで許してやったわ」

ですが、誰にも言っていないことをなぜ彼女が知っていたのでしょう。

私と相良さんが彼女の方を見ると、

「いないわ」

そこには、誰もいませんでした。私と相良さんは入り口の方を背中に座っているので、帰るとしたら絶対に通らなければならないはずなのに、誰も通りませんでした。

他の人に聞いても、誰も知らないと言うのです。

店の人に聞いてもわからず、不可思議でなりません。

彼女が座っていた席には飲みかけのローズティが残されていました。

一体、彼女は誰だったのでしょう。

FM都市伝説 待望の電子書籍化!

Amazon kindleにて好評発売中!
(Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です