皆様がご存知の都市伝説を是非教えてください!!

【ゾッとする話】フレネミー

FM都市伝説

【投稿者:M.Kさん】

フレネミーという言葉を聞いたことはありませんか?

フレンドとエネミーを合わせた造語で、友達を装う敵のことを意味します。

言葉だけは知っていましたが、自分の側にそんな人はいないと思ってたんです。

ですが、いたんです。

私の側にもフレネミーが。

その人は、小学校からの友人のF子で、私にとってはまさに親友と言ってもいい人物です。

就職をきっかけに離れてしまいましたが、手紙や電話でずっとやり取りは続いていて、いつも互いを励ましていました。

離れてから20年以上たち、F子が戻ってくることになったのです。

シングルマザーとなった彼女は、実家へと帰ってくることになったのです。

年齢を重ねても、F子は学生時代と同じように、明るくて優しく、毎日のように私はF子の家に遊びに行きました。

話題は、高校時代にまで遡り、懐かしさから卒業アルバム見ることになったのです。

そこには、私がかつて交際していたRくんの姿も。

「なんで別れたの?」

F子に聞かれて、私は苦い思い出に眉を寄せました。

元々、私がずっとRくんのことが好きで、F子が取り持ってくれたのです。

スポーツが得意で、とても真面目で、クラスでも優等生だったRくん。

私みたいな地味なタイプは無理だろうと思っていたので、とても嬉しかったんです。

でも、クラスの人気者であるRくんと交際したことで、私はクラスの女子全員を敵に回してしまったのです。

鞄の中身をひっくり返されてしまい、教科書には落書き。私への誹謗中傷が書かれたビラ。

結果、担任の先生に呼び出され、私とRくんは3ヶ月で別れました。

Rくんと別れたことで、イジメは収まりましたが、嫌な記憶として残っています。

その時のことを話せば、F子が思い出したように、何度も頷きます。

「そういえば、そうだったわね。ひどいわよね、皆。あんなに仲が良かったのに」

F子が、まるで自分のことのように怒ります。

その時、階下からF子を呼ぶ声がします。

「ごめん。母さんが呼んでるわ。ちょっと待ってて」

F子がいない間、卒業アルバムを眺めていたら、ふと古びたノートが目につきました。

懐かしいキャラクターが描かれたそのノートを、悪いと思いながらも見てしまったんです。

それは、F子とRくんの交換日記でした。

そこには、2人が交際していたこと、バレたらイジメられるから、カモフラージュに私を利用したこと。

F子がクラスの女子を誘導して、私をイジメるように仕向けたことが書かれていました。

私は、見てはいけないものを見てしまった気がして、私は慌ててノートを元の場所に戻しました。

ドキドキと心臓が高まります。

親友だと思っていた人が、実は敵だったなんて。

私が動揺を静めていると、F子が戻ってきました。

「お待たせ。どこまで話したっけ?」

F子の笑顔が、いつもとは違って見えたのは気のせいでしょうか。

FM都市伝説 待望の電子書籍化!

Amazon kindleにて好評発売中!
(Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です