殿堂入り都市伝説はこちら!

【ゾットする話】噛みごこち

FM都市伝説

【投稿者:エリオットさん】

ある夜、夫はなかなか寝付けずにいました。

疲れているため体はダルいのですが、眠気はまったくやってきません。

何度も寝返りを打つうちに、夫は頭がクリアになっていくような気すらしてきます。

ヤバい、本格的に寝られん。

夫は焦りだしていました。リラックスしなければ、そう思うほど眠りは遠のきます。

その時です。夫は金縛りに襲われました。

学生時代からしばしば金縛りを体験していた夫は、これが解ける頃には寝れるだろうと思っていました。

しかし、何度かかっても金縛りは慣れないなぁ。

そんなことを思っていたときに、足元に違和感を感じました。

なにかがもぞもぞと動いています。

あまりに眠れない自分の、皮膚が敏感になって感じる違和感だろうかと思った夫でしたが、あきらかに足の甲やかかとあたりに、生きているもののような動きをするなにかがいます。

そしてそれは、左足のつま先から徐々に、足首へと移動しています。

金縛り中の夫は、何かわからないものが自分のふとんの中にいて、それは少しずつこちらへやってきていることは理解しました。

さらに脳内はハッキリとしてしまっています。

なにこれ。なになに。

鼓動は早鐘を打っています。それは、もうふくらはぎあたりにいます。

そして、それはだんだんと形がわかるようになってきました。

指でした。

これは指だ。それも女の。

夫は怖いながらも、神経を研ぎ澄ませて集中していました。

指はゆっくりと下腹部から、腹をなで、胸にたどり着いています。

夫の金縛りはまだ解けません。息苦しいほどの心臓の音が、耳の奥で鳴っています。

のど仏に触れた指は、その突起を楽しむように皮膚を押すように進みます。

とうとう、あごに到達しました。

触るか触らないかの指のなんとも言えないなめやかな動きに、夫の怖さは最高潮に達します。

と、その指がついに下唇に触れた瞬間、、、夫は我に返り、思い切りその女の指を噛んだのです。

「ぎいやあああああ」

足元の方から聞こえてきた女性らしき者の叫び声は、夫の金縛りを解くに十分でした。

翌朝、夫は私にこう教えてくれました。

「昨晩金縛りにあってさ、なんか幽霊が出たんだけど、俺の体をまさぐってくるから指を噛んじゃった笑。幽霊でもちゃんと噛んだ感触があるんだね」

あっけらかんとした表情で話す夫を見て、この夫が一番怖いなと思ったのでした。

FM都市伝説 待望の電子書籍化!

Amazon kindleにて好評発売中!
(Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます)