殿堂入り都市伝説はこちら!

【怖い体験談】峠で見た黒い死神

FM都市伝説

【投稿者:峠の体験者さん】

今回は、『黒い死神』のお話をさせて頂きたく、筆をとさせて頂きました。

この話は20代の中頃に体験した話になります。

その日は、丁度実家に集まる用事があり、車で実家に帰る途中でした。

今ではきれいに整備され見晴らしの良い峠になっている、鹿児島県のあ◯ん峠で実際に体験した話になります。

幼い頃から両親に、「あの峠はいわくつきの場所だから気をつけるように」と聞かされていましたが、当時の私はそんな話は全く信じることなく、適当に聞き流していました。

話は戻ります。

いつも通りなれた、その峠をいつも通り車で走り、ちょうど頂上付近に差し掛かった時です。

かなり前方の右歩道付近に、なにか黒い人?のような物が見えました。

その時は昼間で、遠目で見た感じでは普通の黒い服を着た人に見えました。

私は特に気にもせず「人家もないこんな峠をよく歩いてるなあ」と何気なくそんな事を考えながら車を進めます。

徐々に近づいてくるその黒い人影。

私は、その人影が急に飛び出してきたりしないか、念の為速度を緩めて黒い人の横を通過します。

「こんな山道を歩いてるのってどんな人なんだろう?」

なんとなく気になりサイドミラーとルームミラーでその黒い人影のほうに目をやりました。

すると、いない?!

ミラーに映っていない?!「えっ?」

思わずブレーキを踏み車を停車させ、座席上から振り返って後ろを確認しました。

すると・・・・いたんです。

へ?!いる?

ですが、再びミラーを見ると、、うつってない?!

なに?!これ?!

一瞬恐怖を感じた瞬間、その黒い人影がこちらに顔を向け、そのままゆっくりと向かってきました。

私は半ばパニック状態になり、ミラーをみたり、目視したり、意味が分からずその黒い人影から目が離せなくなりました。

それは、徐々にゆっくりと、でも確実に、近づいてくるのです。

気が動転しつつも我に返った私は急いで車を急発進させ、峠を駆け抜けました。

その後は何事もなく、どうにか実家に無事帰ることが出来ました。

後日談ですが、母にその話をした所、

「あ◯ん峠は今でこそ綺麗に整備されているけど、一昔前までは木々がうっそうと生い茂っており、車が谷底に落ちる事故が多発する不気味な峠だったからね。昔からいわくのある峠だから充分気をつけなさい」

と言われました。

以前から『白い女性の目撃例』はあったらしいのですが、今回の私が見た『黒い人影』のような目撃例は両親も聞いたことがないと言っていました。

結局、あれがなんだったのかは未だに分からずじまいです。

私はあれを『死神』と呼んでいるのですが、鏡には映らないのに肉眼では見えるという衝撃的な体験で、その時の恐怖は未だに脳裏に焼き付いています。

この様な恐怖体験をする前までは、私は幽霊の類はまったく信じていませんでした。

正直小馬鹿にしておりました。

しかし、自ら体験すると、信じるしかないという状況になってしまいます。(今でもうまく整理はできていないのですが。。)

長々と失礼致しました。

これが私が、20代の中旬に体験した話になります。

Amazon電子書籍 好評販売中!

Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます。