皆様がご存知の都市伝説を教えてください!

河原海岸で36名が溺死した「橋北中学校海難事件」にまつわる黒い噂

FM都市伝説

海は我らに多くの恵みを与えてくれます。

多くの魚介類や豊富な資源そして世界を繋ぐ物流においても、海は人間にとって欠かすことのできないものです。

しかし、海は優しい一面だけではありません。

もう一つ、とんでもなく恐ろしい一面を併せ持ち時として人間に襲い掛かってくるのです。

橋北中学校海難事件の概要

橋北中学校海難事件、昭和30年7月28日に勃発したこの海難事故は、日本の歴史上でも最も悲惨な海難事故の一つだと言えるでしょう。

三重県の県庁所在地である津市に今もなお存在している橋北中学校、当時その中学校では夏休みの期間を利用した水泳訓練が行われていました。

河原海岸と呼ばれる海岸で、200名を超す泳ぎが得意ではない女子中学生がその水泳訓練に参加していたそうです。

彼女たちは少しでも自分の水泳能力を高めて、高い評価をもらおうと張り切っていたそうです。天気も明るく晴れており、水泳にも適していたと、記録されています。

しかし、この水泳訓練は最悪の展開を迎えてしまいました。

参加した女子中学生200人の内、49名が波にさらわれて溺れ、その内36名が帰らぬ人になってしまったのです。

彼女たちは15年にも満たない僅かな生涯を閉じてしまいました・・・・

橋北中学校海難事件にまつわる恐ろしい噂話

余りにも痛ましいこの事件の後、河原海岸は遊泳禁止の海岸に認定され、今では誰一人として泳ぐことはありません。

当時から様々な要因がこの事件の原因としてあげられていました。

しかし、当時の事件を乗り越えて、生き残った人たちの証言を聞くと、余りにも恐ろしい話が出てくるのです。

当時事故のあった海岸を泳いでいた女子中学生の一人は、同級生とともに近づいてくる黒い影を見かけたそうなのです。

それは頭に防空頭巾を被り、もんぺを履いた女たちの亡霊だったそうです。

数十人もの女の亡霊たちが集団となって次々と女子中学生たちを海中へと引きずり込み、溺死させていったそうなのです。

生き延びた女子中学生達も、何度となく襲い来る亡霊たちの悪夢に襲われ続けたそうです・・・・

・・・・・非常に恐ろしいことに事故が起きる10年前、まだ戦時中だった津市は空襲に見舞われて多くの人が死んだそうです。

余りにも多すぎたその死者を火葬することはできずに、やむなく水葬、つまり海に流したそうなのです。

そして、その場所こそが河原海岸、つまり事故の起きた海岸でした・・・・・

あくまでこれは証言の一つに過ぎず、真実であるかどうかはわかりません。

痛ましい事故の真相は誰も知らないのです。

しかし、今もなおこの海岸は残っているのです。けして近づかない事を,お勧めします・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です