殿堂入り都市伝説はこちら!

【怖い話】鳴るはずのないナースコール

FM都市伝説

【投稿者:峠の体験者さん】

今回は、病院勤務時代の不思議なお話をさせて頂きたく思います。

私の勤務していた病院は、外来、入院もできる、いわゆる老人病院のような施設でした。

現在はおそらく制度は廃止されましたが、療養型病床という形態の病院です。

ですので、必然的にご高齢の方々が多く入院されておりました。

新卒で入職し、ただひたすら業務を覚えるの事が必死な時で、『病院って大変だなぁ』と、つくづく後悔していたのを覚えております。

余談が長くなりすみません。それでは早速・・・・。

病院の当直は規模にもよると思いますが、私の勤務しておりました病院では当直は介護福祉士1人、看護師2人の、計3名で、当直をローテーションで行っておりました。

当直は基本的に、『異常がないか』、を定期で巡視、バイタルチェック、ナースコール対応、オムツ交換などがメインで、そのほかは基本ナースステーションに待機しております。

その日は、特に急変もなく、ナースコールもあまり鳴らず、『静かだねー』なんて、言いながら、待機していました。

私の勤務しておりました病院は仮眠を2時間とれるのですが、深夜の12時に一人目のスタッフが仮眠に入ろうとした時でした・・。

静かな病院内にナースコールが響き渡りました。

ここでナースコールのシステムといいますか、構造をお話させて下さい。

病室からナースコールが押されますと、ブザーと同時にステーションにある部屋番号、氏名が書かれたパネルが点灯し、どの部屋からナースコールが鳴っているのかが、分かるシステムになっています。

話は戻ります。

ナースコールが鳴った為、パネルに一番近いベテランスタッフが、パネルの点灯ボタンを押してブザーを消し、通常ならばインターホンで『どうしましたか?』と声をかけるのが通例です。

しかし、パネルのボタンを押したまま、そのベテランスタッフは固まっています。

私は、『どうしました?』と問いかけてみました。

するとベテランスタッフは『いない・・』とぽつりと呟きました。

即座に私は『え? いないってどういう意味です?』と返しました。

すると、ベテランスタッフは

『いないのよ・・。この部屋・・。誰も・・。 先日〇〇さんがお亡くなりになり空室なのよ・・・・』

とのことでした。

慌てて私もパネルを見ましたが、、ランプはスタッフが消したので確認できずでしたが・・・。

私が、

『とりあえず、空室ならなにか機械トラブルかもしれませんから、明日、師長に連絡しときましょう』

という話で終わらせようとしたその時また、同じ部屋からナースコールが鳴り出したのです。

3人ともその点灯するランプを見ながら固まってしまいました・・・。

とりあえず消音して、インターホンで『だれかいますか?』と聞きました。

その際にインターホンを担当したのは新人の自分です。

インターホンからは、当たり前ですが応答はなく・・・ただ、風切り音のようなものが聞こえているのです。

三人ともお互い無言のまま顔を見合わせます。

そこから、巡視に行くべきか行かないかの話になったのですが、

「もしかしたら、他の病室の方が部屋を間違えて倒れていたら大変」

というベテランスタッフの鶴の一声で、渋々私が巡視に向かう事になりました。

さすがに夜の病院は不気味で、しかも例の件の直後の為、心臓がバクバク脈打つ感じがしたのを今でも覚えております。

例の部屋の前に到着し、念の為ドアをノックします。

コンコン

「どなたかいらっしゃいますか?」

返事はもちろんありません。

「開けますよ?」

と一声かけ、スライド式の扉をゆっくり開けました・・。!
そこには、

もちろん何もなく、ただの空きベッドと床頭台があるだけでした。

ホッとしてそのままステーションに戻り、『やはり誰もいませんでしたよ』と伝えたその瞬間!

まだ、例の部屋からナースコールが鳴り出したのです。

3人とも恐怖の絶頂だったと思います。

3人ともブザーも消さず、固まってましたから・・・。

しばらくして、せきを切った様にベテランスタッフが、『見に行く?』と私に聞いてきました。

(「いやいやいやさっき見たとこですよ!」と言いそうになりましたが)新人の為逆らう事などできません。

正直嫌でたまらなかったのですがもう一度例の病室へ・・。

ですが、やはり病室には何もなく、その日の当直は定期的に例の部屋からナースコールがなるという症状が続き、3人とも怖さのあまり仮眠を一切することもできずに、朝を迎えました。

朝礼の際に師長に、おかしなナースコールの件と故障の可能性を伝達して、その日は当直を終えました。

ちなみに数日後、業者にすべてのナースコールの点検を実施してもらうも・・・異常なしとの事でした・・。

あれは一体なんだったのか・・・。本当に怖い体験でした。

後日談ですが、私はその直後に、その病院は退職しました・・・。

本当に怖くなってしまい、当直が精神的にきびしくなってしまったからです。

私は霊的なものは一切信じていないくちだったのですが、いざ自身がそういった体験をしてしまうと、、そいうわけにもいかないものですね。

FM都市伝説 待望の電子書籍化!

Amazon kindleにて好評発売中!
(Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます)