殿堂入り都市伝説はこちら!

【怖い話】彼の母から貰ったお守り

本記事はYoutubeにて朗読コンテンツにもなっております。
記事・動画お好きな方でご視聴くださいませ。

【投稿者:miyuさん】

私には3年ほど前、付き合っていた彼氏がいました。

その彼氏は母子家庭の一人っ子で、とてもお母さん想いな人でした。

「お母さんに早く孫の顔を見せてあげたい」

と常々口にしていたこともあり、結婚の話しは自然な流れで出ていました。

彼のお母さんは、優しそうでおとなしい感じの女性。

彼の実家にお邪魔した際もとても歓迎してくれたので、結婚も賛成してくれると思っていました。

そう、あの一件が起きるまでは……。

当時の彼は、仕事での試験が迫っていたこともあり、その試験が終わってから籍を入れようと彼と話し合っていました。

その旨を彼の母に話した際も

「息子をお願いしますね」 

と、とても喜んでくれました。

そして、お母さんにあるものを渡されたのです。

それは、お守り。

旅行をしたときに買ってきたと、彼と色違いのものを渡されました。

「いつも身に着けていてね。 寝るときも、お風呂に入るときも出来るだけそばにおいていなさい」

と言われました。

(私のことを心配してくれてるんだ)

と、当時の私はうれしささえも感じていました。

でも、そのお守りを持ち始めた頃から、なんだかおかしなことが起き始めたのです。

誰かに見られているような感覚になったり、なんだか体が重くて眠れない、朝起きるのが辛い、そんな状態が続くようになったのです。

そのうち、頭痛とめまいが増えていき、言うなれば常に軽い二日酔いのような状態です。

病院にも行きましたが特に異常無いと診断され、精神的にもつらい状態が続いていました。

そんな私を見かねた彼の母も心配してくださり、

「お守りが守ってくれるからしっかりと持ち歩くようにね」

といつも気遣ってくれるのです。

そんな状態が二ヶ月くらい続いたでしょうか。

その日は、体がいつも以上につらく、仕事も休んでしまいました。

すると、彼が教えたのか、彼の母から電話がかかってきたのですが、なんだか様子がおかしいのです。

最初はやさしい言葉使いだったのですが、次第にエスカレートしていき、

「お守りをちゃんと持ってないからそんなことになるのよ!」

などと叫び始めたのです。

私はなんだか怖くなり、話を早々に切り上げ電話を切ってしまいました。

(なんでそこまでこのお守りにこだわるんだろう……。)

私はお守りのことがどうしても気になってしまい、ダメとは思いつつも、お母さんから頂いたお守りを開けてみることにしたのです。

すると、中には小さく折りたたんだ紙が入っていました。

その紙をそっと広げると……、ぎょっとしました。

なんとそこには、私の名前と『死ね』という文字で埋め尽くされていたのです。

「っ!?」

思わず悲鳴のような声をあげてその紙を投げ捨ててしまいました。これは、きっとお母さんが入れたものだ。

衝撃を受けながらも、その紙とお守りをこのまま持っていてはいけない。そう直感的に感じた私は近くのお寺に電話をして、お払いができないかと頼んでみたのです。

いくつか断られましたが、ようやくお払いをしてくれるお寺をみつけてそこに駆けつけると、お寺の方は怪訝な表情でお守りを受け取りつつも、丁寧にお払いをしてくれました。

そして、

「このお守りをもらった相手に、二度と近づいてはいけません」

と言われてしまったのです。

ですが、

「婚約者の母だから無理なんです」

と伝えると、お寺の方の表情は非常に険しいものになります。

その帰り際、お寺の方が私に向かって

「呪いが暴かれると、その呪いは張本人に返って来ると聞いたことはありますか?」

と聞かれました。

さらにこう続きます。

「お母様に何かあってもあなたの責任ではありません。これは本人が招いたことですので、気を落とさないように」

そう言われたのです。

彼のお母さんに何か起きてしまう? 一瞬そう思ったのですが、それ以上は何も聞くことができませんでした。

そんな一件があって以来、私は精神的にバランスを崩してしまい、次第に彼ともうまくいかなくなってしまいました。

結果的に、彼との関係も終わることに。

あの出来事があってから、彼のお母さんの身に、何か良くないことが起こったのかどうかは、今では知る由もありません。

私たちが結婚せずに別れてしまったのは、結果的に彼のお母さんが望んでいた結果になったのも間違いありません。

ですが、あのまま、お守りを持ち続けていたらと思うと……、今でもぞっとします。

Amazon電子書籍 好評販売中!

Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます。