殿堂入り都市伝説はこちら!

【本当にあった怖い話】いつも黒っぽい服を着た隣人の女

【投稿者:H.N.さん】

これは、私の高校以来の友人Nについてのお話です。

高校時代のNは内気で目立たない女子でした。

しかし勉強はそれなりに出来たので、都内の中堅私大へ進学。

そのまま東京で就職しました。

対照的に私は、地元の大学へ進学してそのまま地元の企業へ就職。

それでもSNSを通じ、Nとのやりとりはそれなりに続いていました。

どうもNは家族と折り合いが悪かったようで、

上京して以来、正月やお盆にも帰省していませんでした。

そんなNが30代半ばに差し掛かった頃、

突然一人娘のKちゃんを連れ、地元へ戻ってきました。

彼女の帰省の理由について、私はてっきり「離婚して、経済的に苦しくなったから」と

思っていました。それ以外に、折り合いの悪かった家族の元へ、

彼女が戻ってくる理由が思い浮かばなかったのです。

しかし、帰省直後に彼女に会って話を聞いてみたところ、

私の推測が完全に外れている事がわかりました。

彼女は「もっとやむにやまれぬ事情」で、実家へと戻っていたのです。

ファミリーレストランで久しぶりに再会した彼女は、

かなりやせ細っていました。おまけに顔からは血の気が引いており、

陰鬱な雰囲気を漂わせていました。

彼女が離婚した理由は元夫のDVでした。

ただし、当時3歳だった娘のKちゃんは、暴力の被害に合わなかったそうです。

とにかく彼女の抱えている事情を知っていた私は、

沈んだ彼女の様子を見て、改めて彼女を慰めようと思いました。

しかし、彼女から話を聞かされた後では、

とても彼女を慰めるどころではなくなっていました。

SNSでは、彼女からそんな話を聞いた事は一度もありませんでした。

Nはボソボソと帰省の理由を話し出しました。

離婚後はとりあえず、Kちゃんを連れ、

安い2階建てのアパートへ引っ越したそうです。

結婚後もNは働いていましたが、それでも経済的な見通しに不安を感じ、

少しでも生活費を切り詰めておきたかったそうです。

しかし、娘を預けておく保育園がなかなか見つからず、

Nは困り果てていました。このままだと仕事を続けられなくなる、と。

そんな時、救いの手を差し伸べてくれた人物がいたそうです。

同じアパートの隣人Sでした。私達と同い年位の30代で、

Nが引っ越してすぐ仲良くなったそうです。

Sは長髪で整った顔をしていたそうです。

ただしその服装はいつも黒っぽい喪服のようなもので、

華やかさに欠けていた、との事。

しかし、華美な物を嫌うNにとって、その事は逆に好印象だったそうです。

穏やかで話しやすく、内気なNもSに対してはすぐに心を開いたそうです。

Sは独身で、フリーランスとして在宅の仕事をしていたそうです。

そこで、Nに対し「Nさんが仕事に行っている間は、娘のKちゃんを預かる」と

申し出たそうです。

当初Nは、さすがにそこまでしてもらうのは…とためらったそうです。

しかし、他に手段も見つかりません。しかもKちゃんがSになついていました。

そこでやむを得ず、その申し出に応じたそうです。

もちろん、ある程度の謝礼を支払うとは伝えたらしいのですが、

Sは固辞したそうです。

「Kちゃんのためにも、支出はあまり増やさない方がいい」とまで言ってくれたそうで。

当時のNは、Sに非常に感謝していた、との事でした。

ところが、だんだん事情が変わってきます。

Sが、あまりにもKちゃんを甘やかし過ぎるので。

最初はKちゃんの好きなお菓子を、言われるがままに買って与える程度でした。

ですが次第に、高価なおもちゃ、Nではとても買えないブランド品の子ども服、

高級ホテルでの昼食など、

Nが耳を疑うような金額の贈り物が、Kちゃんへ与えられるようになったそうです。

Nはやんわりと「やめて欲しい、教育上良くない」と伝えました。

しかしSは、全く聞く耳を持たなかったそうです。

「私がKちゃんにしてあげたいだけだから」と、笑顔を見せるだけ。

それだけならまだ良かったらしいのですが、

Nをさらに困惑させる事態が生じます。

すでにNが帰宅しているのに、SがなかなかKちゃんを家へ帰さない事が、

頻繁になり始めたそうです。

NがSの家へ迎えに行けば、

Sは何事もなかったかの様に、Kちゃんを笑顔で送り出したそうですが。

Nは「どうも様子がおかしい」と思っていました。

しかしそれを、Sに感づかれたくなかったそうです。

頼れる人物がS以外にいなかったので。

そこで次第にNは遠慮するようになったそうです。

帰宅してからもすぐには、

S宅へKちゃんを迎えに行かなくなったのだとか。

Sが自発的に娘を返してくれる様に願いながら。

大抵はKちゃんが眠たくなると、さすがのSもKちゃんを家へ帰していたそうです。

ある日までは。

その「ある日」には、夜中の12時を回っても、

Kちゃんは家に帰ってこなかったそうです。

それ位の時間になれば、当然Kちゃんは寝ています。

Nが仕方なく迎えに行ったところ、Sは以前通りの応対はしませんでした。

「もうKちゃんが寝ちゃってるから、明日迎えに来れば?」と言われたそうです。

さすがにこれ以上何も言わないのはまずい、と思ったNは、

意を決して行動を起こしました。

そのアパートの近くに住む大家さん(中年の女性)に事情を説明し、

少しの間だけ娘を預かってもらう様にお願いしたそうです。

もちろん大家さんの都合を尋ねた上での事です。

そして、ある祝日にKちゃんを大家さんへを預けた上で、

Sの家を1人で訪ねたました。

NはSに、まず心の底から感謝している事を伝えました。

その上で、「少なくとも、あまり高額の物を買い与える事はしないで欲しい」という事、

そして「Sさんにも迷惑だろうし、私が帰ってきた時には娘を家へ帰して欲しい」事、

その2点を伝えたそうです。

Nの性格からすれば、その2つを伝えるだけでも、

相当な勇気が必要だったと思います。

SはNの予想に反し、特に怒る様子も見せず素直に謝ったそうです。

自分の考えが浅はかだったと。そして、Nへお詫びとして、

買い置きのケーキと紅茶を差し出したそうです。

Nは戸惑います。これでは娘への対応と似ており(「物を与える」と言う点で)、

本当にこちらの言いたい事が伝わっているのか訝しんだので。

しかし、ここでさらにSを追及しても話がこじれるだけだと思い、

仕方なく差し出されたものを頂いたそうです。

ですが、これは完全に間違った判断だったとNは後から気づきます。

差し出されたケーキと紅茶を口にしつつ、Sと世間話をしていると、

Nは強い睡魔に襲われ、いつの間にか眠ってしまっていたそうです。

Nが目覚めた時、彼女は警察官に肩をゆすられていました。

ぼんやりと辺りを見回すと、

自分が車の助手席にいる事に気づいたそうです。

車はSのもので、Sもまたもう1名の警察官から、何かを問い詰められていました。

ぼーっとした頭で、Nは警察官とSからの説明を受けました。

Sの家で、突然Nが倒れてしまった事。

いくら呼びかけても目をさまさないので、Sが不安となり、

慌ててNを車に乗せ病院へ向かった事。

その途中、スピード違反で警察に呼び止められた事…。

その後、パトカーに先導される形で、NはSの車で病院へ向かいました。

しかし、診察を受けても特に異常は見つからず、

診断は下らなかったそうです。ただ、経緯を伝えた医師から、

「一度、脳神経内科を受診するように」と勧められたそうです。

再びSの車で自宅に戻った時には、もう日が暮れかかっていました。

Nは慌てて大家さんの家へ向かい、娘を引き取ってお礼を述べたそうです。

Nはすぐに帰宅するつもりでしたが、そこで大家さんに呼び止められます。

娘さんを家まで送ったら、もう一度うち(大家さんの家)まで来るように、

と言われて。

何となく不安を覚えながら、大家さんに言われた通りKちゃんを家まで送り、

家の鍵をしっかりと閉め、Nは大家さんの家へ戻りました。

そして、大家さんから思わぬ事を告げられたそうです。

Nは慌てて家に戻ります。出来るだけ物音を立てないように。

そして、預金通帳など最低限の物をかき集めて、

Kちゃんを連れてその家を後にしたそうです。

その時点で、Nは実家へ帰る事を決意していました。

私が思っていた通り、Nは家族と折り合いが悪かったそうです。

おまけに、離婚した元旦那との結婚に反対され、

それを押し切る形で婚姻届を役所へ提出していたので、

実家に戻る気などさらさらなかったそうです。

ですがそれでも、大家さんから話を聞かされたNは、

実家に戻らざるを得なかったのです。

大家さんの話は以下の様なものでした。

Sとはあまり関わらない方がいいかもしれない。

彼女は、今でこそ一人暮らしだが、

去年まで一人娘と一緒に暮らしていた。

ちょうどKちゃんと同じぐらいの歳だった。

しかし、その子を事故で亡くしてしまい、

それ以来精神的に不安定な状態である。

精神科に通い、抗うつ薬や睡眠薬などを処方してもらっているらしい。

大家さんからの説明を受け、Nは瞬時に悟ったそうです。

なぜ、Sはあそこまで自分の娘に優しかったのか。

喪服のような彼女の黒い普段着。

Sの処方されている睡眠薬。

Sの家で突如自分を襲った眠気。

Sが自分を同乗させ、猛スピードで車を走らせた事。

警察官がスピード違反でSを制止していなかったら、

自分がどうなっていたのか。

Nの話を聞き終わり、私はただただ呆然としていました。

憔悴しきったNの様子から、彼女の話がとても嘘だとは思えなかったので。

一応「もう大丈夫なんじゃない?」と気休めの言葉をNにかけました。

そしてあまりにもやつれ果てていた彼女を、

念のため実家まで送り届けました。

出迎えたNのお母さんは、Nから聞いていたよりずっと優しそうな感じでした。

私は少しだけ安心し、Nの実家を後にしました。

そしてその後もNとのやり取りは続けています。

ですが今に至るまで、とてもNに伝える事が出来ないままでいます。

もちろん、自分の勘違いという可能性もあるので。

Nの話をファミリーレストランで聞いていた時の事です。

私たちの座っていた斜め向かいの席、Nからは見えない位置でした。

1人の女性が座っていたのです。長髪で、喪服のような格好をした女性が。

Amazon電子書籍 好評販売中!

Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます。