皆様がご存知の都市伝説を是非教えてください!!

24年経て事件は動き出した|「坪野鉱泉肝試し失踪事件」の犯人、そして真相は?

FM都市伝説

通称「坪野鉱泉(つぼのこうせん)肝試し失踪事件」。

心霊スポットとして有名な富山県にある坪野鉱泉で、1995年5月に謎につづまれた失踪事件が起きました。

肝試しに訪れた女性2人組みが車ごと忽然と姿を消すという、まるで都市伝説の王道パターンさながらの、前代未聞の行方不明事件が発生したのです。

様々な憶測や噂、都市伝説が生まれましたが、事件発生から24年後の2020年3月、事件は大きく動きだしました。

このページは、そんな坪野鉱泉肝試し失踪事件の真相に迫ります。

坪野鉱泉肝試し失踪事件

事件の概要

富山県坪野鉱泉(つぼのこうせん)肝試し失踪事件とは1996年5月5日、廃墟になっていた坪野鉱泉ホテル跡地が心霊スポットと聞いて、富山県氷見市に住む会社員Aさんとスーパー店員の女性Bさんの2人(いずれも当時19歳)が肝試しに出かけました。

ところが深夜未明、「いま魚津市にいるよ」というメッセージを友人に送ったきり、2人はそのまま行方不明となっています。

この事件は地元でも大きく報じられましたが失踪に結びつく手がかりはなく、捜査は迷宮入りしています。

場所柄から北朝鮮拉致説も噂されましたが、神隠しのように消えた2人の足取りは今も不明のままです※
※事件発生から24年後の2020年3月、事件に大きな進展が見られました。

坪野鉱泉は山の中腹に位置する6階建ての建物で80年代半ばに倒産した後、「経営難を理由にオーナーが自殺した」「併設しているプールで小学生が溺れ死んだ」などの噂が流れ、地元では格好の肝試しスポットとなっていました。

坪野鉱泉とは?

坪野鉱泉(つぼのこうせん)は、富山県魚津市坪野、富山県道67号宇奈月大沢野線付近にある鉱泉。

廃業前は日本観光旅館、国際観光旅館に指定されており、和風レストランシアターやクラブ『ダンス天国』、そば処『山里』、喫茶店『寿楽』といった飲食店や、ワイキキプールも設置されていた。

旅館廃業後も建物は撤去されないまま放置されており、廃墟となっている。

2007年刊行の『ニッポンの廃墟』では北陸随一の肝試しスポットに挙げられている。

また、1990年当時は非行少年のたまり場にもなっており、同年3月3日には、敷地内の薬師堂が全焼する火災が発生している。

wikipediaより引用

事件の時系列

5月5日以前

2人はホテル坪野跡地が肝試しスポットになっていることを、新湊市(合併し現在は射水市)にある若者のたまり場になっているスポット『海王丸パーク』で知り合った友人から教えてもらいます。

その後、時期は不明ですが失踪事件が発生する5月5日以前にも2人で同ホテル跡を訪れています。

5月5日(時刻不明)

Bさんが勤め先のスーパーで懐中電灯用の乾電池を購入し、その際に同店のアルバイト店員に対し「今夜、肝試しに行こう」と誘いますが断られ、その後Aさんに電話し肝試しに誘いました。

5月5日 21時

北日本新聞の記事によると「魚津のお化け屋敷に行く」と家族に告げてた後、氷見市の家を出発します。

5月5日 21時~22時

海王丸パークに立ち寄り友人に会います。

5月5日 22時過ぎ

富山市と滑川市の市境である上市川付近の国道8号線に乗って、魚津方面に向かって走行中のBさんの車が目撃されています。

5月5日 22時以降(おそらく23時ごろ)

ポケベルで友人に「いま魚津にいる」と連絡を入れます。

以降不明――。

当時流布された都市伝説

暴走族関与説

この手の失踪事件ですぐに思いつくのがこの説だと思います。

実際に坪野鉱泉は事件前から週末になると暴走族や不良が近隣県からも集まってきて肝試しついでに集会やバカ騒ぎするスポットでした。

女性の2人組を見つけた暴走族等の不良が強引にナンパ、それが暴行事件に発展し発覚を恐れた不良が彼女たちを殺害。

そのような説が一番多く支持されていました。

当時のネット上に興味深い投稿があったので以下に転載します。

810 名前: 無 投稿日: 2001/03/10(土) 18:30
>>798
富山県での話ですね。
その事件についての話を聞いた事があります。以前にもこの板で何度か出ていますが今回初めて書こうと思います。

本題に入る前に書いておきますが、話をした男と私はその時酔っていましたので、事実とは限りませんし、私も会話の内容をすべて覚えていません。
いいかげんで文章力も無いですが、よろしくお願いします。

1997年の夏の終わりだったと思います。私の地元(金沢の外れ)に小さなスナックがあり、そこで女の子の店員さんとその事件について話をしていました。(ちなみに私は客です)
私の他には3人客がいて、カウンターに私ともう一人の客、BOXに一人の客がいた。結構大きな声で話していたのか店が小さい事もあり、会話はBOX席にも聞こえてたみたい。
BOXに付いていた女の子の店員が私の所に来て、あっちのお客さんが呼んでるよって言われて、BOXに座っている男を初めて見ました、20代後半のちょっと怖そうなお兄さんが手招きしています。

  

812 名前: 無 投稿日: 2001/03/10(土) 18:47
続けて書きます。
続き
うるせぇとか言われて殴られるのではないかとマジでビビリました。
でも無視するのも怖いので仕方なくそのBOX席に座りました。女の子も座ろうとしたんですがその男はあっち行っとけと言って追い返し、私とその男だけがBOX席に座ってました。

しばらく何も言わずにタバコを吸いながら私を睨んでいたその男は一本吸い終わる頃にようやく話し出しました。
(すみませんすっげー前置き長いですね)

「なんやあんちゃん、ほんなに怖い話好きなんか、さっき話とった坪のの話聞かしたるわ。絶対に人には言うなよ、言うたらお前殺すぞ」って脅されつつもその事件について興味があったので、はいと答えました。

A子さんとB子さんは坪の鉱泉へ行く予定でしたが、二人だけで行くのが怖くなった為か、海王丸パーク(ナンパスポット)で一緒に行ってくれる人を探していたそうです。

続く

  

813 名前: 無 投稿日: 2001/03/10(土) 18:56
続き
たまたま海洋丸パークに来ていた男二人組はA子さんとB子さんの誘いに乗りA子さんの車に男の友人、男の車にB子さんが乗車し坪の鉱泉に向かったようです。

途中A子さんは男の携帯電話からA子さんの友人のポケベルに「今から坪のに行く」と入れたそうです。しかし男とその友人は「ふたがみ山」に仲間を呼び出しておいて坪のへ行く振りをしながら先導していた男の車で「ふたがみ山」へ入ったようです。

  

815 名前: 無 投稿日: 2001/03/10(土) 19:23
あらら途中でリターン押しちゃった。続きね
「ふたがみ山」の今は取り壊されちゃった健康病院跡地(ここも心霊スポット)に3人の仲間を呼び出していた男は目でGOサインを出し、それぞれ車の中で強姦したそうです。

事が終わった後A子さんは「絶対に許さない警察に言う」と男達を脅し、そこでビビった一人がA子さんの首を締めて殺害、続いて目撃者のB子さんも首を締めて殺害したそうです。死体は「ふたがみ山」のマンホールに入れたと聞きました。
A子さんの車は指紋をふき取り「ふたがみ山」だったか「坪の」に置いてきたそうです。

その後、後から来た男3人のうち一人は自殺、一人は精神異常が出て病院行き、もう一人は行方不明になったようです。(殺害、死体遺棄しといて当然の報いだと思います)

20代後半のちょっと怖そうなお兄さんは私に誰にも言うなよと何度も注意していましたが、酔った上での戯言もしくは五月蝿い私を黙らせる為の作り話かも知れません。

ただ私は今でも「ふたがみ山」のマンホールの下には死体があるのかと思うと、可愛そうに思います。おしまい。

  

816 名前: 無 投稿日: 2001/03/10(土) 19:35
事件はホントにあったんだよ。当時の新聞にも載ってたし、地元人ならみんな知ってるよ。

ただね私が聞いた話は誰も知らない、約束守ってた訳じゃないけど、なんとなく封印してました。急に誰かに襲われるなんて事にならなきゃいいんだけどね。

心霊より生きてる人間の方が怖いと思う今日この頃。

2001年当時の2チャンネルから引用

北朝鮮工作員による拉致説

もう一つは、北朝鮮工作員によって拉致されたのではないか、という説も有力視されていました。

北朝鮮工作員による拉致というと日本海側のイメージが強いですが、北朝鮮による拉致の疑いのある失踪事件について調査を行っている特定失踪者問題調査会のリストによると約470名の失踪者のうち120名が大町ルート絡みで拉致されたのではないかと推測されています。

そして今回の坪野鉱泉肝試し失踪事件も大町ルートに近接しているのでこの説も当時有力とされました。

それでは 特定個人を狙うのではなく偶発的に拉致が行われるのかというと専門家の意見によると行われる事があるらしいです。

適当に拉致を行ってその中で有用な人物がいるとアタリという不謹慎ですが今でいうとガチャのような感覚があったとされます。

北朝鮮という国家が絡んだ話になると車の処分などの証拠隠滅も容易な話で、実際彼女たちの他にも車ごと消えた拉致被害者もおり、この説も有力な信ぴょう性のある説として支持されました。

坪野鉱泉肝試し失踪事件のその後の展開

迷宮入りかと思われた坪野鉱泉肝試し失踪事件は、発生から24年もの年月を経て一気に進展を見せました。

2020年3月4日正午ごろ、射水市八幡町3丁目にある伏木富山港にて、行方不明になっていた2人の乗っていた車が海中から発見されたのです。

車中からは複数の人骨と行方不明になっていた女性の名が確認できるカードが発見されており、2人が乗車したまま海中に没したとみられます。

警察から進展が報じられた当時の各メディアに掲載されたニュース記事を以下に紹介します。

「富山県坪野鉱泉肝試し失踪事件 24年前に行方不明の女性2人か 車の中から人骨

24年前の1996年に行方不明となった氷見市の当時19歳の女性2人について、県警察本部は4日、関係するとみられる車両を射水市の海の中で発見したと発表しました。
車の中からは人骨のようなものが見つかっていて、警察は2人との関連を調べています。

行方不明になっているのは、氷見市の田組育鏡さん(当時19)と屋敷恵美さん(当時19)です。

県警によりますと2人は1996年の5月5日、それぞれの家族に「魚津市の坪野鉱泉に肝試しに行く」と伝え、その後行方がわからなくなっているものです。

2日後に家族が警察に捜索願を出し、翌年3月には氷見警察署が公開手配をしていますが、現在も行方はわかっていません。

県警はことし1月になり、当時海に転落した車を見たという男3人から具体的な話を聞き出し、それに基づいて3日、捜索をしていました。

NNNニュースから引用

この捜査進展により、今回の一連の出来事(坪野鉱泉肝試し失踪事件)は事故として処理されたと言われています。

依然残る疑問点

メディア各社が報じたニュースを検討すると、いくつもの疑問点が浮上します。

  • 当時海に転落した車を見たという男3人はどうして「女性二人が乗った車が海に落ちた」という明らかに人命に関わる出来事を目撃したにも関わらず、すぐに通報しなかったのか。
  • 時系列からみて目撃は深夜の時間帯なので暗かりの中、どうして乗車しているのが2人で女性だと分かったのか。
  • なぜ車が海に転落しかた。また脱出する事は出来なかったのか。
  • そもそも、なぜ24年経った今になって、このような情報提供がもたらされたのか。

明らかに怪しすぎる男3人組ですが、そんな彼らの当夜の状況が捜査関係者経由でもたらされていましたので合わせてご紹介しておきます。

〜中略〜

その後警察は、過去の情報を精査する中で、ことし1月になって、当時、海に転落した車を見たという男性3人から具体的な話を聞き出し、4日車を引き上げました。

捜査関係者によりますと、3人は「車に乗っていた女性2人に声をかけようとして近寄ると突然車が動き出し海に落ちた」「怖くなったので通報せずに立ち去った」と話しているということです。

「北日本放送」Yahoo!ニュースより引用

総括:事件の真相は未だ闇の中

以上が、通称「坪野鉱泉肝試し失踪事件」と呼ばれる出来事の一部始終となります。

だた、なんとも煮え切らない事件(事故)であることは間違いありません。

本当に単なる事故だったのか。それとも、やはり真犯人が存在するのか。

目撃者として名乗り出た男3人組が何かしら事件に関与していたのは間違い無いでしょう。(事故から24年たって名乗り出ること自体に何か異様なものを感じざるをえません)

そして、なぜこのような不自然極まりない状況にもかかわらず、警察は事故として処理したのか。

このまま納得できる情報が出ることなく、この事件は闇に葬られてしまうのでしょうか。

警察による、さらなる捜査の進展がない限り「坪野鉱泉肝試し失踪事件」の真の解決は無いのかもしれません。

FM都市伝説 待望の電子書籍化!

Amazon kindleにて好評発売中!
(Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です