殿堂入り都市伝説はこちら!

【怖い話】夜中に起こす妻

【投稿者:しろくまっ子さん】

ある男性が、妻のことでとても悩んでいました。それは、毎晩妻が「誰か家の中に入ってきてる!起きて!!」と起こしにやってくるからです。

始めのうちは驚いてしまい、怖くてたまらなかったものの、妻が起こすのは毎晩のこと。

だんだんと恐怖心はなくなり「あなた!誰か家の中に入ってきてる!起きて!」と言われても「大丈夫、誰もいないよ」となだめながらうつろうつろすることが多くなったんです。

毎日、毎晩、夜中に起こされる為熟睡することができなくて、男性は仕事にも身が入らなくなったいきました。

だんだんと食欲もなくなり、体重も落ちていき、周りからも心配されるようになっていったのですが、さすがに妻が夜中に起こからなんて話すことができません。彼は一人で悩んでいるしかありませんでした。

しかし男性は、心身ともに弱っていたものの、妻のことを愛しているため、自分のことを頼って起こされる日々も悪くないのではないかとさえも思っていました。

疲労感も強いものの、毎晩妻の声で頼られるのは愛されていた証拠だよなと。

ある日、男が眠っているといつものように「あなた!誰か家のなかに入ってきてる!起きて!」と起こされました。

男は「大丈夫、誰もいないよ」と暗い部屋のなかで妻の声に反応しましたが「起きてよ!誰かいるって!」いつもならすぐに声がしなくなるのに、今日はなぜか執拗に妻が声をかけてくるのです。

「あなた!起きて!!お願い、起きて!!」その声に、寝ぼけながらも「大丈夫、大丈夫」と声をかけてなだめようとしたのですが、「家の中に入ってくる!誰かが入ってくる!!」と、いつもとは違う言葉を発したのです。「助けて!あなた、助けて!!」とその声はやむことがなく、男はついに怖くなってガバッと起き上がったのです。

それでも、「あなた!起きて!」と妻は叫び続け、男は恐怖のあまり耳をふさぎ、「大丈夫、大丈夫!!」とまるで自分に言い聞かせるように、念仏のように唱えていると妻の声はぴたっとと止まったのです。

ようやく安心して眠りにつけると、再び枕に顔をうずめたのですが、目を閉じた瞬間「大丈夫じゃなかったじゃないの!!」と声がし、ハッとして飛び起きたのです。

あまりの恐怖に電気をつけましたが、恐怖で震えがとまらない……。

そして、ふと、男性は思ったのです。

今日は妻の命日だったと。

実はこの男の妻はすでに亡くなっており、亡くなった妻が毎晩男に助けを求めてくるんです。

妻は自宅で強盗に殺害されてしまい、その生涯を終えたことが無念なのでしょう。そして、どれだけ怖かったのでしょう。

殺されてしまったことに気がつかず、毎晩夫に助けを求めてくるのを男はなだめ続け、そして亡き妻の声が聞こえることに喜びさえも感じていたのです。

誰かに相談したら、妻の声を聞けなくなってしまう。会えなくなってしまう。その思いから、男は今日も妻に起こされることに喜びと、助けられなかった後悔を感じながら妻の声を聞き続けるのです。

Amazon電子書籍 好評販売中!

Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます。