皆様がご存知の都市伝説を教えてください!

日本弱体化計画の真相に迫る!アメリカが戦後密かに仕組んだ愚民化計画は本当なのか

FM都市伝説

第二次世界大戦後、アメリカによって日本は意図的に弱体化された…そのような耳を疑うような都市伝説が存在します。それは「日本弱体化計画」や「日本弱体化政策」と呼ばれております。そして、現在の私達の思考や生活にも大きな影響を与えているのだそうです。

例えば、私達の身近にあるテレビやスポーツ観戦といった娯楽。これらもある思惑の元、人々の生活の中に広められていったと言われています。

日本人の知らない間に密かに実行されていたという日本弱体化計画。その真相と日本に与えた影響について、今回は探っていきたいと思います。

日本弱体化計画とは

GHQによる秘密裏の計画

GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に関しては、多くの方が日本史の授業で習ったことがあると思います。

第二次世界大戦後、戦勝国であるアメリカ等の連合国軍が占領下の日本に設置した組織です。

司令官であったダグラス・マッカーサーも大変有名ですね。日本国憲法の制定や教育改革等、現代の日本に繋がる仕組みづくりを行いました。

そんなGHQによって密かに実行されていたと噂されているのが、日本弱体化計画です。

これは、戦前の日本人が持つ強靭な精神性を恐れたアメリカがGHQによって行った愚民化政策だと言われています。

上記の通り、GHQは新しい日本の仕組みを作り、多くの国民の生活が変化しました。

そして、その仕組みづくりの政策の中には、日本人の精神性を根本から破壊しようとする計画もあったそうです。

それは、決して国民には認知されないように、あくまでも秘密裏に行われました。

(詳しくは後述しますが)アメリカに都合の良い戦争観を新聞やラジオを使って広めたWGIP、大衆を娯楽に夢中にさせて、政治に関心を向けさせないようにした3S政策といったものが計画の一部だと唱えられています。

アメリカが恐れた日本人の精神性

アメリカが恐れた戦前の日本人が持っていた精神性とは、一体どのようなものだったのでしょうか?現在の日本人とどう違うのか、気になるところですね。

日本人の精神性が注目されるようになったのは、他国との戦争においてでした。

第二次世界大戦中に、アメリカは日本軍兵士の精神的な粘り強さに驚いたと言われています。

よく「お国のために戦った」と言われますが、日本軍の国のために自己を捨てて立ち向かう姿勢は、他国には無いものだったそうです。

単に兵士だったから強かったという訳ではなく、民間人も強靭な精神力を持っていました。

日本国内全体が戦地となる中で、国民が一丸となって大国に立ち向かう姿は、アメリカにとって大変恐ろしく感じられたそうです。

このような精神的な強さや、個人の利益よりも社会全体に奉仕することを尊重する「武士道精神」、礼儀や道徳心、家族や地域での強い結び付きといった日本独自の精神性は目を見張るものでした。

このような精神性を持つ日本人が、再び戦争を始めたら大変なことになる…そう考えたアメリカが思い付いたのは、根本から日本人の精神性を破壊するということでした。

日本弱体化計画は、愚民化政策や骨抜き政策と言われることもあります。

その名の通り、日本人を愚かにして、アメリカに刃向かうことの無い従順な国民を育て上げるプログラムが実行されていきました。

そして、それは占領が終了しGHQが撤退した後も続いており、現在も進行中であると噂されています。

日本弱体化計画の真相

洗脳計画WGIP

第二次世界大戦について、多くの日本人が小学生の頃から学校で学んでいると思います。戦争に対して色々な認識があると思いますが、それは意図的に植え付けられたものだとしたらどう思いますか?

GHQによる日本占領政策の一環として行われたWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)というものがあります。あまり聞き慣れない言葉で、一言聞いただけではどういった内容なのか思い浮かばないですよね。これは、敗戦についての真実を伝え、戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつける計画だと言われています。

終戦当時、多くの国民は、日本軍による捕虜の虐待等の戦争の負の一面を知りませんでした。戦争中、日本では全く報道されていなかったためです。GHQによって正しい戦争の情報が公開されても、信じない日本人も多かったそうです。こういった状況を目の当たりにしたアメリカは、変えなければならないと思ったようです。

さて、実際にどういったことが行われていたのでしょう。挙げられるのが、新聞やラジオ等のマスコミやプロパガンダ映画を使っての洗脳です。実際に、1945年から10回に渡り、「太平洋戦争史」という宣伝記事が全国の新聞紙に連載されていました。

戦争を始めた罪と多くの日本人に知らされていない戦争の真相について、記述されていたそうです。また、この「太平洋戦争史」を元にした「真相はこうだ」というドラマ仕立ての劇は、ラジオでも放送されました。

このWGIPによって伝えたことはアメリカ視点の戦争に関する情報でした。

そのため、日本側の視点ではない、アメリカにとって都合の良い歴史認識を広めたとも言われています。

この計画により植え付けられた歴史観は、年数を経て次の世代、そしてまた次の世代と広がって行きました。

日本人が学校等で学んできた戦争についての知識や情報。

それは、GHQが広めた都合の良い情報であり、本当の歴史というのは隠されてしまっているのかもしれません。

娯楽で日本人を骨抜きにする3S政策

名称にある3Sとは、Screen(映画やテレビ)、Sport(スポーツ)、Sex(性産業)のことです。3S政策は、これら娯楽を用いて、大衆の関心を政治に向けさせないようにするというものです。

また、娯楽に集中させて大衆の考える力を弱くさせることや、社会に対する抵抗力を削ぐという狙いもあると噂されています。

どの娯楽も現代では身近なものになっていますね。それらによって私達は操られているのかもしれないと考えると恐ろしくなります。

戦後、3S政策により、意図的に日本では様々な娯楽が登場しました。

戦争中の厳しい時代を終えたこともあり、多くの人々はその裏に様々な思惑があるとも知らずに娯楽に夢中になっていきました。そして、日本人は3S政策の目的通りになっていったと言われています。

元々、この政策は、GHQが日本の占領政策を行うにあたり実行されました。そして、時間をかけて日本人の意識を洗脳していきました。

近年、選挙に行かない人が増えていると取り沙汰されていますが、ある意味3S政策が成功した証とも言えるのかもしれません。(考えすぎでしょうか)

今や身近な存在であるテレビの普及も3S政策の1つです。テレビの普及によって、ニュースやドラマ、バラエティ等の様々な番組を家庭で気軽に楽しめるようになりました。

実は、アメリカで2007年に公開された機密情報により、日本国内のテレビや新聞の普及に大きく関わったと『ある日本人』がCIAのスパイだったことが判明したのです。

その人物とは……政治家であり、読売新聞社社主、日本テレビ初代社長、読売ジャイアンツ創立者であった正力松太郎(しょうりきまつたろう)がその1人です。

この人物、皆さんも名前くらいは聞かれたことがあるかもしれません。

正力は戦後、A級戦犯としてGHQに逮捕されたのですが、特別な使命を果たすことを条件に出所が許されたと言われています。

その使命こそが、新聞やテレビによってアメリカによる日本支配の手助けをすることでした。

当時は、正力自身を「PODAM」、読売新聞は「POBULK」、日本テレビは「PODALTON」、読売ジャイアンツは「POHIKE」というコードネームで呼ばれていたことも、2007年の情報公開時に明らかにされています。(全4つは一連のコードネームとしてGHQに管理されていたということです)

どれも、現在では知らない人がいないくらい有名な企業や娯楽になっていますよね。

3S政策の道具として使われた娯楽は、もはや日本の文化やエンターテイメントとして親しまれているものばかりです。

アメリカの手のひらの上で転がされていたのかと思うと、複雑な気持ちになりますね。

誇りを持たせない教育改革

国民の思想や生活を変化させて新しい日本の土台とするということを目的に、戦後GHQは教育改革を行いました。

小学校は6年間、中学校は3年間といった、今では当たり前の学校体系もこの教育改革によりスタートしました。

実は、この教育改革に関しても様々な陰謀が噂されています。その1つは丸暗記方式の教育にすることで思考能力が育たないようにしたというものです。

自分で考える能力を弱くさせて、社会に対して不満があっても抵抗することができない精神を国民に植え付けたのだそうです。

また、教育内容についても改革し、自国の伝統や文化に誇りを持つことができないようにしたとも言われています。そして、歴史の授業ではアメリカ視点からの戦争を学ばせ、日本という国に対してマイナスイメージを持たせるように仕向けたそうです。

現在の日本は、ストレスによる精神疾患、ひきこもりや虐待、自殺の増加といった問題を抱えています。

一説によると、これらの問題は、教育により劣等感を植え付けられ、誇りや自分の軸を失った結果なのではないかと言われています。

日本人の強靭な精神性の喪失というアメリカの思惑が、着実に現実化しているように感じられますね。

幼い頃からの教育自体に隠された陰謀があるというのは驚かされます。

絆を壊した母子別室制

戦後の日本では、赤ちゃんは病院で生まれ、産後母子が別室に離される「母子別室制」がスタンダードになっています。

別室に離すことで、出産で疲弊した母親を休ませる意味があるのだそうです。この母子別室制は、GHQの指導によって日本に導入されたものです。そして、とある思惑が隠されていると言われています。

ちなみに、戦前の日本では、産後母子を離れ離れにすることはありえないことでした。母子が一緒にいることで愛情が育まれるという日本独自の信条があり、この母子別室制の導入に関して日本の助産婦から反対意見もありました。

しかし、GHQは出産直後の母子が一緒にいることは衛生的にも良くないと主張し、導入に至ったそうです。

この母子別室制の導入。実は、母子のスキンシップを不足させ、意図的に絆を絶たせるものであったという噂があります。

あまり知られていませんが、スキンシップというのは人間にとって非常に重要なものです。母親が子供とスキンシップを取ることで、オキシトシンといった育児ホルモンが分泌される性質があります。一般的には「母性本能」と呼ばれるものです。

一緒にいることで愛情が育まれるという日本独自の信条は、正しかったとも言えますね。

実は、母子別室制でスキンシップが阻まれ、育児ホルモンの分泌が不足した母親が増えてしまったと噂されているのです。

また近年、虐待が問題となっていますが、母子別室制により絆が絶たれた影響が現れた結果ではないかと推測されています。

そして、親だけではなく子供側にも母子別室制の影響があると言われています。

子供はスキンシップを取ることで、コミュニケーション能力や記憶能力、学習能力が発達していくそうです。

スキンシップ不足は、これらの発達不足に繋がり、その影響は大人になっても続きます。人間関係の構築が上手くできないといった問題を引き起こすと言われています。

GHQの母子別室制の導入により、根本から破壊されてしまった日本人の絆。

最近、不登校や引きこもり、パワハラ、結婚しない人の増加といった現代病とも言える問題が取り沙汰されていると思います。

コミュニケーション能力が得意でない、いわゆる「コミュ障」と呼ばれる人が増加していることはご存知の通りです。そうなった理由も、元をたどっていけば母子別室制に行き着くのかも……しれませんね。

さいごに

このように、日本人の精神性の破壊を主な目標として、教育や生活等の様々な方面から、日本弱体化計画は進められていきました。

計画の舵取り役であったGHQは日本の占領政策が終了するとアメリカに撤退しましたが、計画自体はその後も続き、現在も進行中だと言われています。

そして、この計画の影響は確実に表れており、政治への無関心や虐待、人間関係の希薄化といった現在の日本が抱えている問題の増加に関わりがあるようです。これは、戦後から数十年という長い時間をかけて、ゆっくりと洗脳が進んできた証拠であると思います。

3S政策の娯楽の様に、私達の暮らしの身近なところに洗脳が隠されています。ある意味、現在の私達の生活は、日本弱体化計画によって構築されていると言っても良い位です。

仮に、暮らしの中から日本弱体化計画に関するものを取り除いたら、テレビを始めとして、あらゆるものが消えることになるでしょう。

もはや、日本弱体化計画から逃れることは至難の業のように感じます。できることと言ったら、日常の中にある洗脳を認識した上で、惑わされないよう気を付けることではないでしょうか。

ちなみに、最近では3S政策にもう1つSが加わり、4S政策と呼ばれることがあるようです。

加わったSというのは、SNSのことです。娯楽ツールでもあり、情報収集と発信ツールでもあるSNS。

最近では、デマ情報が拡散されたり、SNS中毒になったり、誹謗中傷が飛び交ったりと何かと問題になっています。

SNSを利用している方は多いと思いますが、振り返ってみてください。流れてきた情報を鵜呑みにして自分で考えることをやめてしまってはいませんか?モラルの無い行動を取ってはいませんか?

1つでも思い当たる点があれば、既に洗脳されているのかもしれませんよ。

FM都市伝説 電子書籍化第一弾!
『友達から聞いた9つの不気味な話編』

Amazon kindleにて好評発売中!
(Kindle Unlimited会員は無料でお読み頂けます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です